技術情報

RSS

コーソルでは経験豊かなエンジニアが、Oracle・データベースに関するお役立ち情報を発信しています。データベースのチューニングや設定にお役立ていただけます。

Oracle DB ベストプラクティス

■定期的なパフォーマンス情報収集の必要性とその方法

Oracle Databaseの管理作業において、パフォーマンス管理は重要な位置...

続きを読む

■SQLの識別子 - SQL_ID, HASH_VALUE, OLD_HASH_VALUE

SQLの問題調査においては、"SELECT * FROM ... " といったS...

続きを読む

■初期化パラメータの格納にサーバーパラメータファイル(spfile)を使用すべき理由と注意点

Oracle Databaseの動作を調整するために初期化パラメータが用意されて...

続きを読む

■論理バックアップの注意点と物理バックアップの薦め

Oracle Databaseのバックアップ方法は論理バックアップと物理バックア...

続きを読む

■最低限実施すべきRMAN設定

RMAN(Recovery Manager)は優れたバックアップユーティリティで...

続きを読む

■一時表領域の領域割り当てとスパースファイル(sparse file)

永続表領域や一時表領域では作成時に領域の初期サイズを指定できます。 永続表領域の...

続きを読む

■表が断片化したときの対処方法 / 表の再編成方法

表には行データが格納されます。システムの運用において行データの更新や削除が数多く...

続きを読む

■事前設定が不要なSQL実行計画の取得方法

SQLのパフォーマンス分析において、実行計画は重要なキーとなります。 しかし、O...

続きを読む

■オラクル社が提供する技術リソースの活用

Oracle Databaseは複雑なソフトウェアであるため、不具合や、環境や操...

続きを読む

1  2  

このページの上部へ

​​