技術情報

RSS

論理バックアップの注意点と物理バックアップの薦め

Oracle Databaseのバックアップ方法は論理バックアップと物理バックアップに大別されます。
論理バックアップとはDataPump expdpやexpコマンドを使用して、データベースに格納されたデータをエクスポートする方法です。復旧時はエクスポートしたデータをインポートします。
一方、物理バックアップは、データベースを構成するファイルをコピーするバックアップ方法です。復旧時はコピーしておいたファイルを元の場所に戻し、リカバリ処理を実行します。

論理バックアップの注意点

論理バックアップでは、DataPump expdpやexpコマンドでデータをエクスポートしてバックアップデータを取得します。大量のデータをエクスポートする場合、データ間の一貫性を確保することは難しい場合があります。

また、論理バックアップを用いた復旧は、エクスポートしたデータをインポートすることで実現されるため、データベースに格納されたデータの状態はエクスポートした時点にしか復旧できません。論理バックアップ(=エクスポート)してから障害が発生するまでにデータベースに対して実行された更新は失われ、復旧させることができません。更新を反映させる必要がある場合は、アプリケーション側で何らかの対処を講じる必要があります。

物理バックアップの勧め

物理バックアップでは、適切な方法でバックアップを取得すれば、バックアップ取得時のデータ一貫性の問題を考慮する必要はありません。

また、アーカイブログモードで運用することで、データベースを障害発生直前の状態まで復旧することができます。この利点とアーカイブログモードの概要については、以下の技術情報をご確認ください。

上記の理由から、特に理由がない限り物理バックアップを基本としたバックアップ設計をお勧めします。物理バックアップを行う方法として、オラクル社はRMANの使用を勧めています。

RMANは非常に簡単な使用方法でバックアップを取得できるツールですが、さまざまな状況に対応できるために、多くの機能をもっており、全貌を把握するために学習時間が必要となる場合があります。最低限設定していただきたい項目については、以下をご覧ください。

なお、論理バックアップは、人為的なデータ削除への対処方法としては有効です。したがって、論理バックアップは物理バックアップの補助手段として位置付けることをお勧めします。

  • 1つ古い記事

このページの上部へ

​ ​