雑誌寄稿・WEBコラム

Articles & Column


コーソル社員の雑誌・Web媒体への寄稿などの活動実績を紹介しています。

ユーザー目線でチェック! Oracle Database 12cの知りたいところ

掲載先:
@IT

2009年のOracle Database 11g R2のリリースから約4年が過ぎた2013年6月、 Oracle Databaseの最新バージョンOracle Database 12c R1がリリースされました。 本連載では、Oracle Database 12c R1の主要な新機能をユーザーの立場に立って 実際に使用、評価し、新機能の活用方法や注意点を紹介します。

■第1回 「新機能」「廃止機能」「サポート状況」から見たユーザーにとってのOracle Database 12c

Oracle Database導入を実施ならびに支援するサービスプロバイダという筆者の立場から、ユーザーにとってのOracle Database 新バージョンの意義を考えながら、Oracle Database 12c R1の新機能や廃止された機能などをご紹介します。(渡部 亮太 著)

掲載日 2013年8月9日

■第2回 データベース統合の新たな手法「マルチテナント・アーキテクチャ」

Oracle Database 12c R1の新機能の中でも、特に注目を集めているマルチテナント・アーキテクチャについて説明します。マルチテナント・アーキテクチャは、2012年のOracle OpenWorldでの発表当初、「Pluggable Database」と呼ばれていましたが、現在は「Pluggable Database」を包含する概念として、「マルチテナント・アーキテクチャ」という用語が使用されています。(青野 友香 著)

掲載日 2013年9月13日

■第3回 マルチテナントアーキテクチャのバックアップ設計、考え方とNGパターン

データベースのバックアップは、障害発生時に復旧できるよう、正しく取得する必要があります。 また、環境に則したバックアップ計画やリカバリ計画を検討しておく必要があります。12cで盛り込まれた機能を理解して、安全かつ効率のよいバックアッププロセスの設計を考えましょう。(青野 友香 著)

掲載日 2013年12月16日

■第4回 従来の監査から飛躍的に改善され使いやすくなったUnified Audit

DB運用で避けては通れない、ログ監査。12cではどれくらいDBAが楽になるのでしょうか?監査とセキュリティの問題を解消する目玉機能がUnified Auditです。(菅原 良也 著)

掲載日 2013年12月24日

目指せリア充!コーソル流 RAC 活のススメ ~シングル卒業~

掲載先:
DB Online

業務でOracle DBを使用しているものの、これまでRAC環境に触れる機会がなかった エンジニアの方々にRACを実際に使っていただくための手助けとして、 様々なTipsをお伝えすることを目的とした6回シリーズ。 お手持ちのWindows 7環境でも簡単に11g Release2 RACを使用でき、 11g Release2 RACの特徴や注意点を掴める記事をお送りします!

■第1回 VMwareを使ったRAC環境構築のTips

VMwareを使ったRAC構築手順の概要とTipsです。RACを構築するためには、OSの設定が肝となります。OSの設定を中心に構築時に注意すべき点をピックアップしてご紹介します。(青野 友香 著)

掲載日 2012年11月1日

■第2回 大きく変化したOracle RAC 11gR2のアーキテクチャ

Oracle Real Application Clusters 11g Release 2のアーキテクチャについて触れていきます。 Oracle Real Application Clusters 11g Release 1と比べるとリソースの構成が大きく異なりますので、 RAC 11gR1 に触れたことのある人は戸惑うことがあるかもしれません。(加賀 行宣 著)

掲載日 2012年11月21日

■第3回 高可用性を実現する11g R2の接続、サービスのアーキテクチャ

Oracle Real Application Clusters 11g Release 2から導入されたOracle Grid Infrastructureの新機能のうち、クラスタ管理の柔軟性を高める接続やサービスに関わる機能について説明します。(藤原 直人 著)

掲載日 2013年1月28日

■第4回 11g R2 RAC データベースへの接続フェイルオーバーとロードバランシング

高い性能と高可用性を得るために必要な接続フェイルオーバー、ロードバランシングなどのクライアントから RAC データベースへの接続に関わる機能と、SCAN導入により改良されたクライアント・サイドにおける接続設定について説明します。(岡野 平八郎 著)

掲載日 2013年3月1日

■第5回 統合され、拡張された 11g R2 RAC ASM

Oracle Real Application Clusters 11g Release 2を用いたシステムにおいてストレージ基盤となるOracle Automatic Storage Management(Oracle ASM)について説明します。(大城 千廣 著)

掲載日 2013年3月28日

■第6回 11g R2 RACとGrid Infrastructureのバックアップと障害復旧

Oracle Real Application Clusters 11g Release 2 におけるバックアップと障害発生時の復旧について説明します。 前半では RACデータベースのバックアップと復旧について、後半では Oracle Grid Infrastructure に関連するさまざまなデータのバックアップと復旧について説明します。(宮川 大地 著)

掲載日 2013年5月7日

Oracle Enterprise Managerをなぜ使うのか

掲載先:
oracletech.jp

プリンシパルエンジニア 渡部 亮太が現場の視点からOracle Enterprise Manager(EM)を使うメリットを解説する4回シリーズ。

■第1回 生きた情報をリアルタイムに掴む

多様な管理情報、性能診断情報を公開しているOracle Database。EMの活用によって、困難であったリアルタイムでの情報取得/分析が容易になります。

掲載日 2010年10月19日

■第2回 EM内のデータを活用する

EMを使用した情報収集とその後のデータ活用について、具体的な例を挙げて解説します。

掲載日 2010年10月25日

■第3回 アドバイザ機能との親和性・統合性

各種アドバイザ機能を併用することで、EMを用いたデータ収集・分析により把握した問題へのアプローチが容易になります。

掲載日 2010年11月4日

■第4回 定期的バックアップと迅速な復旧作業

EMの使用には、さらに、バックアップ取得や迅速なリカバリを容易にするというメリットもあります。

掲載日 2010年11月5日

Oracleトラブル対策の基礎知識

掲載先:
@IT
掲載期間:
2008年6月30日~2009年6月15日

■Oracle運用の基本「ログ」を理解しよう【基礎編】

Oracleトラブル対策の基礎知識(1)

Oracleのスムーズな運用は、ログファイルからきちんと問題切り出しができるかどうかがポイント。3つのログファイルの特性を把握しよう。
Database Expert」フォーラム 2008/6/30

■11gからの新管理機構「ADR」を理解しよう

Oracleトラブル対策の基礎知識(2)

11gで登場したログの新管理機構「ADR」。便利になった一方、いままでとは大きく変わっている部分もあるので、しっかり覚えておきたい。
Database Expert」フォーラム 2008/8/8

■セグメント拡張エラーの対処法

Oracleトラブル対策の基礎知識(3)

想定ボリュームを超えた場合行われるセグメント拡張。場合によってはこれが障害の元になることも。原理から理解して対処法を身につけよう。
Database Expert」フォーラム 2008/9/22

■フラッシュバックリカバリの基礎知識

Oracleトラブル対策の基礎知識(4)

人的エラーを「なかったこと」にしてくれる便利なフラッシュバックリカバリ機能。設定やログの内容をなど、仕組みをきちんと理解しておこう。
Database Expert」フォーラム 2008/11/27

■文字化けに関するトラブルに強くなる【基礎編】

Oracleトラブル対策の基礎知識(5)

意外と厄介なのが文字コードにまつわるトラブル。文字コード変換処理の流れやつまずきやすいポイントを理解しておこう。
Database Expert」フォーラム 2009/1/21

文字化けに関するトラブルに強くなる【実践編】

Oracleトラブル対策の基礎知識(6)

Vistaの登場で対応が必須となったJIS X 0213は、Oracleで扱う場合にも注意が必要。稼働中のシステムでも問題がないか確認しておこう。
Database Expert」フォーラム 2009/3/4

■Data Guard環境ならではの問題と対処法

Oracleトラブル対策の基礎知識(7)

障害時にスタンバイデータベースへと切り替えできるData Guard。この仕組みを知れば、フェイルオーバーのトラブルも怖くありません。
Database Expert」フォーラム 2009/4/14

■必ずつながる! 接続時トラブル虎の巻

Oracleトラブル対策の基礎知識(8)

Oracleにつながらない――青ざめる前に、Oracleネットワークトラブル切り分けの極意を思い出してください。
Database Expert」フォーラム 2009/6/15

Oracle SE RACで手軽に高可用性システム

掲載先:
@IT
掲載期間:
2007年5月18日~2007年7月13日

■SE RACのメリット、デメリットをしっかり把握する

Oracle SE RACで手軽に高可用性システム(1)

Oracle 10gから登場したSE RAC。低コストで高可用性を獲得できるが、SE RACならではの制限にも注意しよう。
Database Expert」フォーラム 2007/5/18

■RAC構築に不可欠なLinux OSの設定ポイント

Oracle SE RACで手軽に高可用性システム(2)

Red Hat LinuxにRACを導入する前提で、Raw Deviceの構成、カーネルモジュールやNICの設定などを解説する。
Database Expert」フォーラム 2007/6/13

■RAC構築で失敗しない重要ポイントとは?

Oracle SE RACで手軽に高可用性システム(3)

RACを構築する際のポイントとなるクラスタウェアの設定、ASMの作り方や使い方、LISTENERの構成などを解説する。
Database Expert」フォーラム 2007/7/13

1

このページの上部へ