著書・出版物

Books & Publication


コーソル社員が執筆した書籍、及び雑誌・Web媒体への寄稿、講演など、活動実績を紹介しています。

オラクルマスター教科書 Gold Oracle Database 12c

本書(通称:12c Gold黒本)はORACLE MASTER Silver Oracle Database 12cの保持者がORACLE MASTER Gold Oracle Database 12cに認定されるために必要な1Z0-063試験の出題範囲を完全網羅した、試験対策用学習書籍です。
アップグレードではない、いわゆる通常の資格取得パス(12c Bronze → 12c Silver → 12c Gold)でORACLE MASTER Gold Oracle Database 12cを取得するための、非アップグレード版として日本初の12c Gold資格試験対策用学習書籍です。
執筆はアイスタディ株式会社 代田氏と共同で進め、コーソルは最終的な全体調整および前半のバックアップとリカバリ分野を担当しています。
12c Gold取得を目指す12c Silver資格保有者にオススメの1冊です。

著者:渡部亮太、岡野平八郎、代田佳子(アイスタディ株式会社) 著
出版社:翔泳社
ページ数:A5版/688ページ/練習問題編の問題をPC画面で解けるWebアプリ付き
本体価格:6,800円(消費税別)
初版発売日:2018年8月8日
ISBN  :9784798147956

オラクルマスター教科書 Gold Oracle Database 12c

ご購入はこちら

Oracleの基本 〜データベース入門から設計/運用の初歩まで

システム開発/運用の実務におけるOracleとのかかわり方は、データの更新や参照、アプリケーション開発、テーブル設計、データベース運用など多岐にわたります。企業向けシステムに関わるエンジニアにとって、Oracleの知識は必要不可欠なものであり、その知識の証明としてオラクル社によって「ORACLE MASTER」という資格試験が定められています。
しかし、いざ、Oracleの勉強をはじめたり、Oracleの実務に携わると、「多種多様な機能がありすぎて、どう使いこなせばいいのかわからない」「Oracleだけで使われる独自用語がたくさんあって、頭が混乱する」ということを実感するのではないでしょうか。
本書は、Oracleの全体像やシステム開発/運用の実務におけるOracleの役割を理解できるよう、Oracle初心者/新人エンジニアが押さえておくべき知識とスキルをわかりやすく丁寧に解説。Oracleの使い方はもちろん、データベースの基礎知識から、データ操作のためのSQL、テーブル設計、データベース運用/管理の基礎までしっかり押さえ、実務で使える入門スキルを身につけられます。
これまでOracle Databaseを使ったことがないOracle初心者の方、Oracle Databaseの基本を学びたい新人SE、新人アプリケーション開発者、新人データベース管理者の方、ORACLE MASTERの参考書を探している方にお勧めする1冊です。

著者:渡部亮太、相川潔、日比野峻佑、岡野平八郎、宮川大地 著株式会社コーソル 監修 出版社:技術評論社
ページ数:A5判/368ページ
本体価格:本体2,640円(消費税別)
初版発売日:2017年9月22日
ISBN 978-4-7741-9251-2

Oracleの基本 ~データベース入門から設計/運用の初歩まで

ご購入はこちら

プロとしてのOracleアーキテクチャ入門【第2版】(12c、11g、10g 対応)

「プロとしてのOracleアーキテクチャ入門」の初版は、刊行以降、約7年にも渡って多くの方の支持を集めました。
改訂された第2版では、一昨年リリースされた最新版の12cに対応し、アーキテクチャに関する様々な変更点に対応しています。
Oracle Databaseを使ったシステムの設計・構築・運用を行うためには、Oracleのアーキテクチャ(仕組み)を理解しておく必要があります。
本書は、「図解」と「実例解説」でOracleの構造と動作の仕組みを説明した書籍で、Oracleをあまり使用したことがない方でも、容易に理解できるように工夫しています。
本書がOracleのアーキテクチャへの理解を深めるにあたり、その一助となれば光栄です。

著者:渡部亮太
出版社:ソフトバンククリエイティブ
ページ数:全400ページ
本体価格:2,600円(消費税別)
初版発売日:2015年4月25日

プロとしてのOracleアーキテクチャ入門【第2版】(12c、11g、10g 対応)

ご購入はこちら

プロとしてのOracle運用管理入門

コーソルから出版される「プロとしての」シリーズ第3弾は、データベース管理者(DBA)の全業務を徹底的に詳解した一冊です。
本書は、データベースの運用管理に必要な各種手順や項目について、単なるHow To だけでなく、その管理作業の必要性や意味、また内部動作についても、できる限りの説明をしています。
ぜひ本書の記述内容を検証環境などで実践して、さまざまな環境で動作するOracleに対して、各環境に応じた運用管理を実現してください。
本書がOracleを真に理解し、最適解を導けるエンジニアへスキルアップしていく道程の中で、その一助になれば光栄です。

著者:渡部亮太
出版社:ソフトバンククリエイティブ
ページ数:全416ページ
本体価格:2,680円(消費税別)
初版発売日:2009年9月28日

プロとしてのOracle運用管理入門

ご購入はこちら

プロとしてのOracle入門

「プロとしての Oracle アーキテクチャ入門」に続いての 2 冊目として、「プロとしての」シリーズで出版された Oracle 入門本です。
本書は、「データベースって何?」といったところから解説し、データベースの重要性や、具体的な使い方について、図解、SQL コマンドと実行結果などを含んで解説しています。
「これから Oracle を担当することになったけど、どうしよう?」とお悩みの皆さん!本書に掲載のインストール手順やデータベース構築手順を、目の前のPC で試してみてください。本書を通して、Oracle エンジニアとしての一歩を踏み出していけるお手伝いができれば幸いです。

著者:松下雅、舛井智行、古賀加奈
出版社:ソフトバンククリエイティブ
ページ数:全288ページ
本体価格:1,980円(消費税別)
初版発売日:2008年10月29日

プロとしてのOracle入門

ご購入はこちら

プロとしてのOracleアーキテクチャ入門

Oracle Databaseを使ったシステムの設計・構築・運用を行うためには、Oracleのアーキテクチャ(仕組み)を理解しておく必要があります。
本書は、「図解」と「実例解説」でOracleの構造と動作の仕組みを説明した書籍で、Oracleをあまり使用したことがない方でも、容易に理解できるように工夫しています。
概念的な点については「図解」を用いて直感的にわかりやすく、実際の動作や、内部管理情報の変化などについては、SQLを中心とした「実例解説」でしっかりと丁寧に説明しています。
アーキテクチャに関する理解があるのとないのでは、設計・構築されたシステムの品質、システムの運用の安定性に格段の差がでてきます。また、業務システムにおいては、Oracleをはじめとするデータベースシステムは欠かせないものであり、データベースシステムのアーキテクチャに関する理解もまた欠かせません。 Oracleを使う全てのエンジニアにお勧めする1冊です。

著者:渡部亮太、森坂康人
出版社:ソフトバンククリエイティブ
ページ数:全400ページ
本体価格:2,600円(消費税別)
初版発売日:2008年8月22日

プロとしてのOracleアーキテクチャ入門

ご購入はこちら

Oracle Database 10g Oracle Enterprise Manager 逆引きクイックリファレンス

皆さん、Oracle Enterprise Manager(以下 OEM) という GUI をご存じでしょうか?
Oracle Database は、使うのも管理するのも CUI で実施する必要があるためハードルが高い、と考えて居られる方もいらっしゃるかと思います。
OEM は 10g 以前のバージョンから存在するツールですが、9i までは Java で実装されていました。それが 10g からは完全ブラウザベースに置き換わったため、インターネットをサーフィンするかの如く、データベースをサーフィンすることができます。
しかし、欲しい情報を取得するのに複数のリンクを辿っていく必要があります。
そこで本書。本書は、欲しい情報から逆引きでリンクの順に追っていくことが出来る様に書かれていますので、OEM を使ってみよう!という方に最適な一冊かと思います。

著者:松下雅、舛井智行、青木武士
出版社:毎日コミュニケーションズ
ページ数:全344ページ
本体価格:3,000円(消費税別)
初版発売日:2007年11月27日

Oracle Database 10g Oracle Enterprise Manager 逆引きクイックリファレンス

ご購入はこちら

このページの上部へ

​​